給与・人件費・労務関連

国外居住親族に係る扶養控除等の適用

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-10-28

国外居住親族について扶養控除等を適用する方

 扶養控除等申告書を提出する際「親族関係書類(親族であることを証明する一定書類)」を提出する必要があります。

 また、年末調整を行う際には「送金関係書類(親族の生活費等を支払ったことを明らかにする一定の書類)」を提出する必要があります(提出がない場合は扶養控除等の適用はできません)。

 なお、送金関係書類は、*外国送金依頼書の控え*カードの利用明細書などが該当します。

△ページ上部へ 

年末調整で提出が必要となる申告書を確認

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-10-21

 年末調整「扶養控除等(異動)申告書」などに基づいて行いますので、年の中途で扶親親族の数などに異動があった場合に異動申告が行われいるかなどを早めに確認します。
 
 また、配偶者控除又は配偶者特別控除は、給与所得者本人の合計所得金額が1千万円以下であり、生計を一にする配偶者の合計所得金額が123万円 以下の場合に適用できますが、年末調整において適用を受けるためには、「配偶者控除等申告書」の提出が必要となります。

△ページ上部へ 

軽減税率に伴う簡易課税制度の届出特例

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-09-25

 簡易課税制度

 消費税の納付税額を計算する際、課税売上高に対する税額の一定割合(事業区分ごとのみなし仕入れ率)を仕入控除税額とする制度

 適用を受ける課税期間の前々事業年度の課税売上高が5千万円以下の事業が選択できます。

 
 同制度を適用する場合は原則、課税期間の開始前までに「簡易課税制度選択届出書」の提出が必要ですが、

 軽減税率制度の実施により届出の特例が設けられ、来月1日から令和2年9月30日までを含む課税期間については、その課税期間の末日までに届出書を提出することで適用できます。

 なお、簡易課税を選択した場合は、2年間継続して適用する必要があります

△ページ上部へ 

協会けんぽによる被扶養者資格の再確認

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-09-18

 協会けんぽは毎年度実施している健康保険の被扶養者資格の再確認について、今月下旬から対象(今年3月末までに被扶者と認定されている方)がいる事業主に「被不要者状況リスト」を順次、送付します(提出期限は11月20日)。

 なお、例年は18歳以上の被扶者が対象ですが、今回は18歳未満も含めた全被扶養者を対象として実施されます。

 これは健康保険法改正により、来年4月から被扶者の国内居住要件が新設されることから、居住状況の確認も行うためです。

△ページ上部へ 

労働保険の年度更新は6月3日から

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-05-27

 今年度の労働保険(雇用・労災保険)の年度更新期間は、6月3日から7月10日までとなります。

 年度更新は、既に納付した前年度の保険料を確定した賃金総額に基づき精算するとともに、賃金総額の見込み額で算定した今年度の概算保険料について、申告・納付を行う手続きです。

 今月末頃に申告書が届きますので、期間内に手続きを行いましょう。

 なお、雇用保険料率、労災保険料率ともに改定はありません。

△ページ上部へ 

時間外労働における「法定」と「所定」

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-05-15

 働き方改革関連法により、今年4月から時間外労働の上限規制が大企業に対して適用されていますが、中小企業についても来年4月から適用されることになります。

 これにより、時間外労働(休日労働は含まず)は原則として、月45時間・年360時間が上限となりますが、この法改正における時間外労働とは、会社で定めた「所定労働時間」を超える時間ではなく、労働基準法で定められた「法定労働時間(原則1日8時間,1週40時間)」を超える時間となります。

 また、休日労働についても同様に、法定休日(原則1週1日)に労働させることをいいます。

△ページ上部へ 

社会保険の届出に係る取扱いの一部変更

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-05-08

 社会保険の適用事業所が日本年金機構に提出する届出等の添付書類及び被保険者の署名・押印等の取扱い一部変更となりました。

 健康保険被扶養者(異動)届等については、届出時に被保険者本人の署名・押印等が必要でしたが、事業主が被保険者本人の届出の意思を確認し、備考欄に「届出意思確認済み」と記載した場合本人の署名・押印等を省略することができます。

 また、被保険者資格取得届や喪失届、被保険者報酬月額変更届については、届書の受付年月日から60日以上遡る場合などに事実関係を確認する書類の添付が求められていましたが、確認書類の添付が不要となりました。

△ページ上部へ 

労働条件の明示方法はメール等で可能に

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-04-10

 労働契約を締結する際に、事業主は労働者に契約期間や労働時間、賃金に関する事項などの労働条件を書面の交付により明示することが義務付けられています。

 明示方法については、これまで書面交付に限られていましたが、労働基準法施行規則の改正により、今月から労働者が希望した場合にはFAXやメール、SNS等での明示が可能になります(出力して書面を作成できるものに限る)。

 労働者が希望していないにもかかわらず、一方的に書面交付以外の方法で明示することはできません。また、HPやフログへの書き込みによる明示は認められません。

△ページ上部へ 

31年度の雇用保険料率は据え置き

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-03-18

 31年度の雇用保険料率(31年4月1日から適用)は、30年度の保険料率から据え置きとなり、一般の事業は0.9% (事業主負担0.6%、労働者負担0.3%)、農林水産・清酒製造の事業は1.1%(同0.7%、同0.4%)、建設の事業は1.2%(同0.8%、同0.4%)となります。

 なお、高年齡労働者(保険年度の初日において満64歳以上)の方については現行、雇用保険料の徴収が免除されていますが、この取り扱いは31年度までとなります。

△ページ上部へ 

従業員の退職等における社会保険の取扱い

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-03-13

 従業員の退職等があった際は、社会保険料(厚生年金・健康保険)の被保険者資格喪失届を5日以内に提出します。

 また、保険料は資格喪失日が属する月の前月分まで納める必要があります

 資格喪失日は「退職等した日の翌日」となるため、月末に退職した場合は翌月1日が資格喪失日です(例えば、3月31日に退職した場合は4月1日が喪失日となり、保険料は3月分まで納付)。

 なお、健康保険証を会社に返却しないで退職後も医療機関等で使用する無資格受診が増えていますので、事業主は退職等する方の保険証を確実に回収する必要があります。

△ページ上部へ 

協会けんぽの31年度保険料率が決定

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-02-22

 中小企業等が加入する協会けんぽの来年度の健康保険料率及び介護保険料率が決定し、3月分(4月納付分)から適用されます。

 健康保険料率は、都道府県ごとに料率が設定されていますが、来年度から改定されるのは40支部 (引上げ22支部、引下げ18支部)で、据え置きは7支部となります。

 また、40歳〜64歳までの方(介護保険第2号被保険者)が負担する全国一律の介護保険料率は1.73% (現行1.57%)に引上げられます。

△ページ上部へ 

年次有給休暇の取得義務化のポイント

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-02-08

 働き方改革により、今年4月から全ての企業において、年次有給休暇の日数のうち年5日は、使用者が時季を指定して労働者に取得させることが義務付けられます。


◆ポイント

◎対象となる労働者……
 法定の年次有給休暇付与日数が10日以上の労働者(管理監督者を含む)が対象です。なお、雇入れの日から起算して6力月継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者は、10日の年次有給休暇が付与されます。


◎年5日の時季指定方法……
 使用者は、労働者ごとに年次有給休暇を付与した日(基準日)から1年以内に時季を指定して取得させなければなりません。 時季指定は、労働者の意見を聴取した上で、できる限り希望に沿った取得時季になるように努めます。


◎時季指定を要しない場合……
 既に5日以上の年次有給休暇を請求・取得している労働者に対しては、使用者による時季指定をする必要はありません。


◎年次有給休暇管理薄の作成……
 使用者は、時季、日数及び基準日を労働者ごとに明らかにした書類(年次有給休暇管理薄)を作成し、3年間保存しなければなりません。


◎就業規則への規定……
 使用者による年次有給休暇の時季指定を実施する場合は、時季指定の対象となる労働者の範囲及び時季指定の方法等について、就業規則に記載しなければなりません。


◎罰則……
 年5日の年次有給休暇を取得させなかった場合や、使用者による時季指定を就業規則に記載していない場合は、違反となり罰則(30万円以下の罰金)が科されることがあります。

△ページ上部へ 

外国人労働者数は過去最高の146万人

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-02-04

 厚労省が公表した外国人雇用の届出状況(30年10月末現在)によると、外国人労働者数は約146万人(前年比14.2%増)、外国人労働者を雇用している事業所数は約21万6千事業所(同11.2%増)となり、ともに過去最高を更新しました。

 なお、外国人労働者を雇用する事業主には、雇入れ・離職時に氏名、在留資格、在留期間などを確認し、ハローワークへ届け出ることが義務付けられており、届出をしなかったり、虚偽届出をした場合は、罰金の対象となります。

△ページ上部へ 

1月の給与計算をする前にすべきこと

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2019-01-21

 平成30年分の「源泉徴収票」を各人に交付します。

 2019年(平成31年)分の「扶養控除等(異動)申告書」を全社員(雇用期間が2ヶ月以内の者を除く)から受理し、扶養親族等必要事項を確認のうえ源泉徴収簿(賃金台帳)に適用区分や扶養親族の人数などを転記します。

なお、マイナンバー(個人番号)の記載は基本的に必要ですが、本人や控除対象配偶者および親族等の氏名・個人番号等を記載した帳簿を備えている場合は必要ありません。

△ページ上部へ 

来年4月から年次有給休暇の取得義務化

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2018-10-29

 厚労省が公表した「就労条件総合調査」によると、29年の年次有給休暇の取得率は51.1%となり、前年に比べて1.7ポイン卜上昇しました。
 
 年次有給休暇は、原則として、労働者が請求する時季に与えることとされていますが、働き方改革により労働基準法が改正され、来年4月から全ての企業において、年次有給休暇の日数のうち年5日は、使用者が時季を指定して取得させることが必要となります。

 なお、対象となるのは、年次有給休暇が10日以上付与される労働者(管理監督者を含む)に限られ、5日以上取得済み場合は、使用者による時季指定は不要です。

△ページ上部へ 

年末調整で保険料控除に必要な控除証明書

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2018-10-17

給与所得者が年末調整で保険料控除を受けるために必要となる控除証明書が送られてくる時期となりましたので、大切に保管しておきます。

◎生命保険料や地震保険料を支払った方……契約している保険会社から届く保険料倥除証明書。なお、メール等で交付を受けた電子的控除証明書等は、国税庁HPで「QRコード付控除証明書等」を作成し印刷することで年末調整での提出が可能。

◎国民年金保険料を支払った方……年金事務所から届く社会保険料(国民年金保唉料)控除証明書。

◎iDeCo (個人型確定拠出年金)の掛金を支払った方……「個人払込」の加入者に国民年金基金連合会から届く小規模企業共済等掛金払込証明書。

△ページ上部へ 

中小企業のための退職金制度「中退共」

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2018-10-09

中小企業退職金共済制度は、独自に従業員の退職金制度を設けることが困難な中小企業のために設けられた国の退職金制度で、(独)勤労者退職金共済機構が運営しています。

同制度は、中退共と退職金共済契約を結んだ事業主が毎月の掛金を納付し、従業員が退職した際に、中退共から従業員に直接、退職金が支払われる仕組みで、掛金は全額損金です。

なお、法人の役員でも、従業員として賃金の支給を受けている等の実態があれば、加入できます

△ページ上部へ 

2 9年分の平均給与は432万円

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2018-10-05

国税庁は「平成29年分民間給与実態統計調査」を公表しました。

◆平均給与は前年比2.5%増で5年連続増加◆
調査結果によると、1年を通じて勤務した給与所得者4945万人(男性2936万人、女性2009万人、平均年齡46.0歳、平均勤続年数12.1年)の平均給与は、前年比2. 5%増の432万円となり、5年連続で増加しました。男女別では、男性532万円、女性287万円です。
また、平均給与を事業所規模別にみると、従事員10人未満の事業所では352万円、10〜29人では415万円、30人以上では454万円となっています。
なお、給与所得者の給与階級別分布では、300万円超400万円以下が867万人(構成比17.5%)で 最も多く、次いで200万円超300万円以下が781万人(同15.8%)で、400万円以下の給与所得者は合計2733万人と全体の55.2%を占めています。

◆税額の約5割は1千万円超の給与所得者から◆

1年を通じて勤務した給与所得者が源泉徴収により所得税を納税した税額は9兆7384億円で、給与総額に占める税額の割台は4.89%でした。また、給与階級別の税額をみると、1千万円超の給与所得者は222万人で全体の4.5%にすぎませんが、その税額は合計5兆183億円で51.5%を占めます。
なお、昨年から給与収入が1千万円を超える場合の給与所得控除額は220万円が上限となっていますが、32年(2020年)以降は給与収入850万円 超の場合に195万円が控除額の上限となり、さらに税負担が増加します(特別障害者の方や22歳以下の扶養親族がいる方などは負担調整措置があります)。

△ページ上部へ 

来月から健康保険被扶養者の手続きが変更

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2018-09-18

10月から「健康保険被扶養者(異動)届」について、添付書類の取扱いが変更になります。

扶養認定する際の証明書類として、①戸籍謄 (抄)本または住民票、②年間収入が確認できる課税証明書等、③別居の埸合は、仕送りの事実と仕送額が確認できる書類、の添付が求められます。

ただし、①は届書に被保険者と被扶養者双方のマイナンバーが記載され、事業主が戸籍謄(抄)本または住民票により続柄を確認した旨を備考襴に記載している場合、②は事業主が所得税法上の控除対象配偶者・扶養親族であることを確認した旨を届書に記載している場合、③は16歳未満と学生の場合、書類の添付を省略できます。

△ページ上部へ 

30年度地域別最低賃金の改定額を確認

カテゴリー: 給与・人件費・労務関連 
2018-08-22

30年度の地域別最低賃金ついて、中央審議会が示した目安額などを参考に、各都道府県の地方審議会が審議した改定額の答申が出揃い、23県が目安額を超える引上げとなりました。

これにより、すべての地域で24円以上(24~27円)の引上げとなり、答申された改定額の全国加重平均額は26円引上げの874円となります。

発効日は各都道府県で異なりますが、10月1日~6日までに発効される予定です。厚労省や労働局のホームページ等で確認しましょう。

△ページ上部へ 
横浜市・鶴見区の税理士 横浜市・鶴見区の税理士、相続税
Copyright(c) 2014 満田一秋税理士事務所 All Rights Reserved.